トピックス

今日は寒いから鍋?アンコウはどうですか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は本当に寒い、いや寒さを越えて痛いぐらいで絶対にセリ場は氷点下になっているはずです。

条件反射的にカラダが温かいものを欲しています。

さてマダラ、牡蠣、フグなどイイですね。しかし、やっぱり1度は食べてみたいのがアンコウじゃないですか?

アンコウは「西のフグ(河豚)、東のアンコウ(鮟鱇)」と並び称されている冬の鍋の定番です。

しかしいづれも自宅で試してみようと考える人は少ないですね。筆者も素材が素材だけに下手なチャレンジはできそうにありません。

でもアンコウは、食べられない所がないと言われるように、身は勿論、皮や内臓、エラなど骨以外は全て食べることが出来る無駄のないサカナです。

漁獲高日本一は山口県下関市で、茨城県でないのに少し驚きました。

しかし、親潮と黒潮が交わり良質なプランクトンが豊富な鹿島灘海域などで水揚げされている常磐物は上物として高値で取引されています。

何とか自分で挑戦できないかとレシピを調べてみると、アンコウ特有の滑りや肝や内臓の血液などをキレイに除去すれば、あとの下準備は簡単みたいです。

しかしさすがの吊るし切りは無理ですね。(昨年12月17日市場開放の風景、仲卸ムラマツの村松社長アンコウ吊るし切り)

東京風の醤油仕立てや味噌味、あん肝を出汁に溶かし込んだドブ汁など好みの味を楽しめ、〆はごはんと卵、出汁を加えておじや(雑炊)なんてイイですね。

簡単に美味しく食べるには、当社取引先長井水産あんこう鍋セットかな。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー