トピックス

今日は楽しいひな祭り♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は3月3日のひな祭り。皆さん、今日は縁起の良い意味が込められたひな祭りの食べ物を食べましょう。

ひな祭りには古くから伝わる伝統的なお祝い料理があり、春の訪れを伝える旬の食材が使われています。

代表的なものとして、はまぐりの吸い物や菱餅、ひなあられや白酒、ちらし寿司などがあげられますが、それぞれの料理や色彩の意味を知ることで、より一層ひな祭りを楽しめると思います。

☆はまぐりの吸い物

何度も紹介していますが、はまぐりの貝殻は対になっている貝殻でなければピッタリと合いません。このことから、仲の良い夫婦を表し、一生一人の人と添い遂げるようにとの願いが込められた縁起物です。

☆菱餅

菱形は「心臓」を表していると言われ、災厄を除こうという気持ちや、親が娘の健康を願う気持ちが込められています。

緑・白・ピンク(紅)の3色には諸説あり、緑は「健康や長寿」白は「清浄」ピンクは「魔除け」を意味する説と、緑は「大地」、白は「雪」、ピンクは「桃」で「雪がとけて大地に草が芽生え、桃の花が咲く」という意味が込められているという説もあるそうです。

☆ひなあられ

餅に砂糖を絡めて炒った、ひな祭りの節句の代表的な和菓子のひとつです。ピンク、緑、黄、白の4色で四季を表していると言われています。

でんぷんが多く健康に良いことから「1年中娘が幸せに過ごせるように」という願いが込められています。

☆白酒

もともとは桃の花びらを漬けた「桃花酒」というものが飲まれていたと言われています。桃は邪気を祓い、気力や体力の充実をもたらすということで、薬酒のひとつとして中国から伝えられました。

江戸時代からは、みりんに蒸した米や麹を混ぜて熟成させた「白酒」の方が親しまれるようになったそうです。

☆ちらし寿司

ちらし寿司そのものにはいわれはありませんが、海老(長生き)、れんこん(見通しがきく)、豆(健康でまめに働ける)など縁起のいい具が祝いの席にふさわしく、三つ葉、卵、人参などの華やかな彩りが食卓に春を呼んでくれるため、ひな祭りの定番メニューとなったそうです。

IMG_9930 IMG_9857 IMG_9802 IMG_9859

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー