トピックス

仙鳳趾の牡蠣は要チェックです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、牡蠣好きには堪らないブランドカキ“仙鳳趾(せんぽうし)の殻付き生牡蠣”と

“生食用剥き牡蠣”が特種相対品課の売場に並べられていました。担当は北村社員。

仲卸曰く、この牡蠣は大変お勧めだそうです。

仙鳳趾は厚岸湾の西岸、釧路町の東側に位置し、背後には広大な釧路湿原を配していて森林から流れ出る栄養豊かな河川が海に注ぎ込みます。

潮の流れが少しきつく、そこで育った牡蠣は身の締まりプリプリとし、殻に対して身が大粒で、強い甘味と濃厚でクリーミーな味わいが特徴です。

仙鳳趾は釧路町昆布森にあり、地名の通りに昆布漁が盛んなところです。

夏には昆布を広場いっぱいに延ばして干している光景を目にすることができますが、現在は牡蠣の出荷高のほうが高いそうです。

センポウシとは、もともとアイヌの言葉で「小魚が多くいるところ」という意味だそうです。つまり、小魚も沢山いるとても豊かな漁場ということです。

自然に恵まれた環境で育った仙鳳趾の牡蠣、絶対チェックの食材です。

IMG_5961 IMG_5960 IMG_5963 IMG_5959

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 特種相対品課佐々木社員のセリ場でイイ香り。おおっ、スケトウダラの丸干し。
  2. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  3. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  4. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  5. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。

アーカイブ

市場カレンダー