トピックス

仙鳳趾牡蠣はどんどん美味しくなってます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

夏なのにマガキ、仲卸も一目を置くブランドカキ「仙鳳趾(せんぽうし)」がコンスタントに入荷しています。

一般的には夏の牡蠣と言えばイワガキが定番ですが、年間を通して水温が低い北海道では夏の時期でもマガキを食べることが出来ます。

そしてこの仙鳳趾は、北海道内で採れるマガキの中でも秀逸な存在です。

仙鳳趾とは地名で、道東の釧路町の東側に位置します。

センポウシとは、もともとアイヌの言葉で「小魚が多くいるところ」という意味だそうです。

釧路湿原を背にし、広大な森林より流れ込む栄養豊かな水。

親潮(千島海流)がもたらす栄養塩やプランクトン、冷たく潮の流れがキツイ環境で育ったカキは身の締まりプリプリです。

殻に対して身が大粒で、クリーミーと言う言葉がピッタリです。

強い甘味と濃厚でコクのある味わいは、牡蠣ファンを魅了すること間違いなしです。

サイズもL、M、Sと用途に合わせて色々選択出来ますよ。

是非見かけたら、召し上がって下さい。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. な・・・なんて事をさせるんだ!!お母さん!ぼらジローの誘惑にのってはいけない・・・あ...
  2. 夏の高級魚メイチダイ(目一鯛)を鮮魚課のセリ場で発見。
  3. 昨日、仲卸で初物買っちゃいました「サンマ=秋刀魚」です。
  4. ここ数日、平塚市漁協の日海丸、川長三晃丸からの朝網追っ駈けがないんです。
  5. 特種課のセリ場で「海の宝石」を見つけました。北海道産の生筋子、一年ぶりの再会です。

アーカイブ

市場カレンダー