トピックス

伊勢志摩の寒ムツいかがですか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三重県伊勢志摩よりクロムツが大量入荷しております。

産卵期(3~5月)に向けて、どんどんカラダに栄養を蓄えて行くクロムツは、今の時期寒ムツと呼ばれ脂がのって美味しいです。

ムツという名は四国の方言で「ムツコイ(脂っぽい)」から由来していると言われています。しかしこれは決して好意的な言葉ではなかったそうです。

昔は現在のように魚の脂がカラダに良いということも知られていない時代に脂の多い魚は傷みやすいということもあり、あまり好まれなかったそうです。

今や黒いダイヤとも喩えられる高級魚の位置を確保してます。寒ムツと呼ばれるこの時期には、生食、刺身で食べることを絶対お勧めします。

白身でありながら濃厚な旨味で身肉全体に脂がたっぷりのっているので、口の中で蕩けるくらいです。

伊勢志摩地方から黒潮がぶつかる熊野灘沿岸は起伏に富んだ地形を形成しているため、エサとなる小魚やエビ、カニが豊富なため美味しいですよ。寒ムツ是非とも味わって欲しい旬のサカナです。

img_1890 img_1930img_1886 img_1932

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 最近、鎌倉市漁協より朝網のアオリイカやメバルが出荷され、高値で取引されています。
  2. 特種相対品課石川社員のセリ場に、気になる黄色い箱を発見。
  3. またまた予想が的中し、5度目のブリ・ワラサが登場しました。
  4. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー