トピックス

休市日、久々平塚市漁協に行ってきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は寒暖の差も激しく、風も必ず吹いており、漁も自然に大きく影響されます。

昨日の早朝の気温は4.7℃、風は西北西、南風が吹かなければ、漁に出かけるそうです。

平塚市漁協の川長三晃丸、磯崎社長のところにお邪魔しました。前日まで、コンスタントに真サバ、ゴマサバを中心に釣果がありましたが、どうやら網入れの場所が抜けて、昨日はダンベ4杯の予定が樽4杯に変更でした。

しかし、大漁とは言えないですが、真サバ、ゴマサバ、アカイカ、活けヤリイカ、アオリイカが適度に収穫されていました。

お土産に孫サバを数匹いただき、早速サバの味噌煮に挑戦しました。3枚に下ろして、腹骨を出来るだけ余分に肉を削ぎ落さないように注意して、さて小骨をどうするかと考えました。

筆者、老眼が厳しく毛抜きでの小骨取りが大嫌いなんです。家の妻からは、圧力鍋で調理すればと言われ、言われるがままに従ってクッキング。

鰯ほど骨は柔らかくならず、期待はずれ、圧力をかける時間が短かったかも。

しかし、骨から身の離れは良く、子供も何も言わず食べていました。(不味くはないのでしょう。)

水分が多量に抜けていないので、煮汁が多すぎて、ヒタヒタで完成を予想していたので、次回は深めのフライパンでやってみます。

因みに孫サバとは、大・中・小のサイズより下のサバで、通常は市場には出回らず、飼料、餌になっちゃうそうです。小さいので子供にはピッタリですが、なかなか手間をかけると採算厳しいですね。

味は、最高に美味い訳ではないですが、飼料になるのも勿体ない気がします。

IMG_9228IMG_9229IMG_9235IMG_3224IMG_7688IMG_4135IMG_9735IMG_2038

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。
  2. マテガイにしては貝殻がデカイ!発泡のケースを見ると「オオミゾ」と記されており、早速ネットで調...
  3. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  4. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...
  5. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー