トピックス

似て非なるモノ、サッパ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富岡の追っ駆けで、コノシロに似た魚を発見。良く調べたらサッパと言う魚でした。

マイワシに混入して入荷してきましたが、誰が見ても違う魚と分かる風袋です。

とは言え、マイワシも、筆者を含め横浜市詰所職員が違和感を感じるながらもコノシロ似と感じたサッパも、

ニシン目の同じ仲間なので、親戚みたいに少しづつどことなく類似点を持っています。

サッパは、体長10~20㌢ほどで、カラダは木の葉のように左右に平たく、背中よりも腹が下に出ている面白い魚です。

他のニシン目魚類に比べて、ウロコが非常に硬く、カチンコチンと言うくらいの程度です。

コノシロも一緒に入荷していましたが、外見や生息域が似ていますが、体側の黒い点線(斑紋)の有無や、背ビレの最後の軟条が

長く伸びていないこと、体色の色具合の違いなどの識別点があります。

サッパの名前は、淡泊でさっぱりしている味に由来するそうで、小骨が多いものの淡泊な味で、塩焼きや唐揚げ、酢〆、刺身などで

食べられるそうです。

瀬戸内海沿岸地方では、ママカリと呼ばれています。

ママカリは「飯借り」と書き、「飯が進み家で家で炊いた分を、食べ切ってしまってもまだ足らず、

隣の家から飯を借りてこなければならないほど旨い」に由来する呼称です。

コノシロみたいに小骨が気になるのなら、すこし敬遠しちゃいますね。

IMG_7472 IMG_7474 IMG_7473 IMG_7470

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 今日も、小柴から数多くの魚たちが入荷してきました。
  2. 水産物部経営ビジョンの活動の一環で、金沢区にある柴漁港に行ってきました。
  3. 夏と言ったら岩ガキ、かなり強引ですか?しかし、セリ場には茨城県、新潟県、鳥取県などから大量に...
  4. 仲卸㈱ムラマツの村松社長より取材協力の連絡があり、すっとんで伺いました。
  5. えっ!?何が『格上げ』だって!?盛り上がってきたからね~...

アーカイブ

市場カレンダー