トピックス

似て非なるモノ、サッパ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富岡の追っ駆けで、コノシロに似た魚を発見。良く調べたらサッパと言う魚でした。

マイワシに混入して入荷してきましたが、誰が見ても違う魚と分かる風袋です。

とは言え、マイワシも、筆者を含め横浜市詰所職員が違和感を感じるながらもコノシロ似と感じたサッパも、

ニシン目の同じ仲間なので、親戚みたいに少しづつどことなく類似点を持っています。

サッパは、体長10~20㌢ほどで、カラダは木の葉のように左右に平たく、背中よりも腹が下に出ている面白い魚です。

他のニシン目魚類に比べて、ウロコが非常に硬く、カチンコチンと言うくらいの程度です。

コノシロも一緒に入荷していましたが、外見や生息域が似ていますが、体側の黒い点線(斑紋)の有無や、背ビレの最後の軟条が

長く伸びていないこと、体色の色具合の違いなどの識別点があります。

サッパの名前は、淡泊でさっぱりしている味に由来するそうで、小骨が多いものの淡泊な味で、塩焼きや唐揚げ、酢〆、刺身などで

食べられるそうです。

瀬戸内海沿岸地方では、ママカリと呼ばれています。

ママカリは「飯借り」と書き、「飯が進み家で家で炊いた分を、食べ切ってしまってもまだ足らず、

隣の家から飯を借りてこなければならないほど旨い」に由来する呼称です。

コノシロみたいに小骨が気になるのなら、すこし敬遠しちゃいますね。

IMG_7472 IMG_7474 IMG_7473 IMG_7470

関連記事

ピックアップ記事

  1. ちょっと小振りですが、美味しそうな魚が東京湾内湾の富岡から入荷しましたカサゴです。
  2. とてもフレッシュ、ジューシーと言う修飾語がぴったりなクジラが、特種相対品課北村社員のセリ場に登場です...
  3. 『初入荷』で、ございます。
  4. 不思議なものですが、極端に寒い氷点下の日が続くと今日みたいに気温5℃ぐらいだと温かく感じられます。
  5. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。

市場カレンダー