トピックス

元気なアナゴが入荷中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富岡より活けアナゴが大小様々なサイズ入荷しています。

江戸前の天婦羅、寿司には欠かせないアナゴ。

関東では煮穴子が主流ですが、関西では焼き穴子が一般的です。

神奈川県の夏のプライドフィッシュに”小柴のアナゴ”が選ばれています。

東京湾は、小魚、ゴカイ、カニ、エビなどアナゴの餌が豊富。

特に海水がやや温まる梅雨から夏場にかけての時期は、餌をたくさん食べることから脂がのって身も柔らかいアナゴが育ちます。

アナゴはとてもデリケートな魚。

漁獲する時、酸素が薄くなったりストレスがかかったりすると、白く斑になって身が硬くなり鮮度が落ちます。

極力ストレスをかけずに漁獲するため、漁法は「アナゴ筒漁」がメインですが、旬の時期には「底引き網漁」でも漁獲されます。

一年中美味しいアナゴですが、是非旬の今の時期に食べて欲しい魚の一つです。

IMG_6579 IMG_6577 IMG_6591 IMG_6586 IMG_6559

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 「いやぁ~よく水揚げできたねぇ~」4月を目前に、みぞれが混じる冷たい雨と...
  2. どうしちゃったんでしょう?真冬に逆戻りしたような気候です。
  3. 休日はやっぱり料理ですね、昨日は新物サクラエビで炊き込みご飯に挑戦しました。
  4. 当市場に大量に入荷しているものといえばイワシ、平塚市漁協の日海丸、川長三晃丸より連日100ケース超の...
  5. 朝日が眩しい早朝6時。

アーカイブ

市場カレンダー