トピックス

先週の市場への珍客を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かなりレアだけど、少々微妙な画像を紹介します。

北からは、高級魚の松川(松川ガレイ)。

通常、裏側は白、乳白色が一般的なんですが、なぜか斑紋・ドットがあります。

鎌倉漁協からは、アオリイカと一緒に、さかなクンのトレードマーク「ハコフグ」が出

荷です。

少しサイズもミニサイズで、とてもじゃないけど食べれそうにありません(笑)。

同じ鎌倉漁協からは、妖怪百目?

30㌢超のモンゴウイカ、意外なことにセリ値はなかなか競りあがりません。

平塚市漁協からは、巨大なクロアナゴ。

見ての通り図体がデカイので、味わいは大味だそうです。

東京都のJF小笠原島より体重73.8㎏、超大物マハタです。

木のトロ箱に入って入荷してますが、氷がいっぱいに敷き詰められて総重量100㎏超のヘビー級です。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー