トピックス

公魚、ちゃんと「わかさぎ」と読めますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道網走湖産のワカサギが入荷しています。

実は筆者もワカサギを釣ったことがあるんです。それも極寒の地「赤城大沼」です。

赤城大沼は群馬県の赤城山にあるカルデラ湖で、冬の冷たさは他に例を見ないほどで群馬県内でも1、2を争うほどなんですよ。

余計な話はそこそこにして、なぜワカサギが公魚と書くようになったのか。

諸説あるようなのでどれが正しいのかハッキリ断定できませんが、江戸時代に霞ヶ浦のワカサギが徳川11代将軍徳川家斉に年貢として納められ、公儀御用魚とされたことに由来するそうです。

ワカサギはキュウリウオ科のサカナで、アユやシシャモと同じ仲間です。

 

ワカサギは海で成長して河川に上り産卵するものと、湖などに陸封されたものといますが、北海道ではほとんどが前者に該当するようです。

こんなに小さなカラダですが、淡水・汽水の両方に生息する能力があるんですね。

そしてワカサギの驚くべきことは、サカナの中で一番カルシウム含有量が高いんです。

因みにワカサギ1尾あたりに含まれているカルシウムは100mg。成人に必要な摂取量は、6から8尾のワカサギを食べれば補えるそうです。

神奈川県内では芦ノ湖、相模湖、近県では富士五湖の山中湖、千葉県高滝湖・三島湖は手軽にご家族で釣りが楽しめますよ。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 東京湾子安より、縞々の魚がリンゴ箱に入って入荷しました。
  2. 市場休みの前、別の記事でも紹介した長崎県対馬ブランド魚「紅瞳」。
  3. 本日の朝どれ鮮魚『追駈け』セリの1番札は不動の人気魚『平塚漁港の真アジ』梅雨...
  4. 第一土曜日、ハマの市場を楽しもう(市場開放)が開催されました。
  5. ある1通のメールが、当社のHPのお問合せに寄せられました。

アーカイブ

市場カレンダー