トピックス

公魚、ちゃんと「わかさぎ」と読めますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道網走湖産のワカサギが入荷しています。

実は筆者もワカサギを釣ったことがあるんです。それも極寒の地「赤城大沼」です。

赤城大沼は群馬県の赤城山にあるカルデラ湖で、冬の冷たさは他に例を見ないほどで群馬県内でも1、2を争うほどなんですよ。

余計な話はそこそこにして、なぜワカサギが公魚と書くようになったのか。

諸説あるようなのでどれが正しいのかハッキリ断定できませんが、江戸時代に霞ヶ浦のワカサギが徳川11代将軍徳川家斉に年貢として納められ、公儀御用魚とされたことに由来するそうです。

ワカサギはキュウリウオ科のサカナで、アユやシシャモと同じ仲間です。

 

ワカサギは海で成長して河川に上り産卵するものと、湖などに陸封されたものといますが、北海道ではほとんどが前者に該当するようです。

こんなに小さなカラダですが、淡水・汽水の両方に生息する能力があるんですね。

そしてワカサギの驚くべきことは、サカナの中で一番カルシウム含有量が高いんです。

因みにワカサギ1尾あたりに含まれているカルシウムは100mg。成人に必要な摂取量は、6から8尾のワカサギを食べれば補えるそうです。

神奈川県内では芦ノ湖、相模湖、近県では富士五湖の山中湖、千葉県高滝湖・三島湖は手軽にご家族で釣りが楽しめますよ。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー