トピックス

冷凍エビに情報が山盛詰まっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も冷凍エビの原板を流水で解凍していたので、写真を撮ったんですが、色が少し薄いのかな、何エビ?箱を見ると色々な情報が記載されていました。

WHITE Penaeus indicus、HEAD ON、30-40、2kg、SEMI-IQF。

まずは、WHITE Penaeus indicus ですが、正に海老の種類でインドホワイトのことで、ホワイトもしくはホワイトエビと呼ばれています。

クルマエビの仲間で、大正海老によく似ているが、体色がもう少し白いそうです。写真のホワイトはマダガスカル産ですが、エビ職人の工藤社員の話では、インドネシア産の方がもっと色白らしいです。

因みにPenaeus を和訳すると車エビだそうです。HEAD ONは有頭、HEAD LESSは無頭、だそうです。

30-40は凍った原板1ブロックに30~40尾入っていることを表示しているそうです。

数字が小さくなれば、エビのサイズが大きくなり、大きくなるとその並になります。

2kg重量の表示となりますが、エビ自体の重さはネット表示だそうです。

最後にSEMI-IQFですが全く知識がないので、早速インターネットで調べたら、すぐに見つかりました。

IQFとは、Individual-Quick-Frozen(個別急速冷凍)の略で、この特殊な冷凍技術により、マイナス70~80でわずか3分程度での急速凍結が可能となりました。

IQFにより従前はエビ2kgに対して水を1kgを使い、注水凍結品を製造していました。現在はエビ2kgに対して水0.10kgで表面だけを水の膜で覆い凍結するSEMI-IQFが多くなってきています。

その理由は、凍結に多くの水がいらないこと、重量が軽くなるので、輸送コストも削減することができるようです。

冷凍エビの原板1つでも、全く知らないことばかり、色々勉強ですね。

冷凍エビの原板は、コストコでも求めることが出来ますよ。箱の後ろに今紹介した事項が記載させていますので、買う時に参考にして下さい。

IMG_8408 IMG_8409 IMG_8422 IMG_8416

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  2. 誰かのせいにしたくないけど、アニサキス食中毒の影響は確実に出ています。
  3. あじ!アジ!鯵~!!明日から日中気温が30℃近く上る予報が出ている横...
  4. おおっ、春シャコ!特種相対品課小森社員のセリ場で、キレイにボイルされたシャコを発見。
  5. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。

アーカイブ

市場カレンダー