トピックス

出汁に拘って、あじの煮干しなんて如何ですか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は料理には必需品の出汁、出汁の素となる素材を紹介します「あじの煮干し」です。

少しマイナーな存在だと思ったら、ラーメン業界ではあじの煮干しから出汁取りしている店舗も多いそうです。

今日セリ場に並べてあったあじの煮干しは、鳥取県境港市の㈲景山節雄商店で作られたものです。

今回入荷しているモノは、ジンタよりも一回り大きいあじを丸ごと乾燥させて作られています。

あじの煮干しから取る出汁は、上品なコクと甘味があり、魚臭くないのが特徴です。

甘みがあるのにスッキリとした味わい、香味が高くそれでいて旨みも持ち合わせ、ラーメン、うどん、麺つゆなどに利用されるそうです。

あじの出汁を取るには、水1リットルに対して30g程度のあじの煮干しを使用します。

数時間から一晩水に漬けておいてから、煮立てて出汁を取るそうです。

他の魚の煮干しと比べてアクが出にくいので、アク取りの心配もなく扱いやすい煮干しです。

ネットで調べていたら、イワシの煮干しと混ぜて販売されてる店舗もありました。

出汁に拘ってるなんていったら、料理人ぽくって少し恰好良くないですかね(笑)。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 今シーズン大注目のドリンクになるかもしれない・・・中華街のタピオカブームはコレだ!!...
  2. 久しぶりに泡を吹いている奴に再会しました。
  3. 台風18号が通過した9月18日、九州は福岡の博多湾で、ある魚が大量発生=湧いて大騒ぎになりました。
  4. 台風が通り過ぎたから3日して、やっと本格的に入荷が戻りつつあります。
  5. 「ビノス」の愛称で呼ばれている、ホンビノスガイ。近年販売に注力し、セリ場の市民権は獲得済。

アーカイブ

市場カレンダー