トピックス

初物、空飛ぶサンマ横浜の市場に登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既にニュースをご覧になられた人がたくさんいると思いますが、昨日より北海道東部のサンマ流し網漁が解禁されました。

釧路港には10日未明に9隻の小型船が戻り、合計2.5tのサンマを水揚げしました。

記録的不漁であった昨年の初日に比べ、10倍以上の水揚げがあり漁業関係者からは一様に安堵の声が聴かれたそうです。

気になるのは初セリ値で、過去最高価格をつけた去年に比べると安くなったものの、1キロ当たり14,000円、1尾およそ2,000円の高値がついたそうです。

そして当社のセリ場にも空輸された初物サンマ=空飛ぶサンマが到着しています。(隣の会社のセリ場にはありません。)

厚岸の丸弘水産㈱=マルヒロ、釧路市の㈱富樫水産より出荷して頂いています。

まだまだ走りのサンマなので魚体はか細いですが、例年になく虫に食われたり擦れたりせず非常にキレイです。

初セリ値はご祝儀相場で馬鹿高いものですが、横浜に初入荷されたサンマは箱13,000~16,000円ぐらいです。

卸値で1尾1,000円程度ですから、エンドユーザーに届く時はいったい幾らになってるんでしょうか?

今は庶民の味方とは言えない存在のサンマですが、今後気になるのは値段ですね。

サンマの値段は、水揚げ量で大きく影響されます。

今年こそは「豊漁」、無秩序な漁を続ける外国船に負けないように頑張って欲しいものです。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー