トピックス

助マスはマスノスケ、英名はキングサーモンです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鮮魚課北海チームのセリ場で、見慣れない名前のサカナを発見。

「且・カ・マ・ス」?新種!?

よく顔を見てみると、鮭鱒系の顔付。

筆者、まだまだ修行が足りないようで、暫く考えて何者か、正体がやっと分かりました。

答えは、「助マス=マスノスケ」でした。

気仙沼地方で助マスと呼ばれるこのサカナ、本日は青森県八戸の㈲マルゲン水産より出荷されてきました。

助マスと言われて業界筋の方々は直ぐに分かっても、一般の人でピ~ンと来る人は少なく、別名マスノスケ、キングサーモンの方が良く知られた名称です。

助マスは、サケ目サケ科タイヘイヨウサケ属に属します。

タイヘイヨウサケ属のサカナはシロザケ、ベニザケ、カラフトマスのような動物プランクトンを主に食べて育つ種と、サクラマス、ギンザケのように他の魚類を主に捕食する主に大別されますが、助マスは後者の代表格で、ニシンやイカナゴ、イカなどを捕食しているそうです。

食べてるモノが違うせいなのか、サケ類の中でも特に脂肪分が多く、美味とされています。

日本国内に流通しているモノの多くは、アラスカやロシアなどからの輸入モノで(主に海中養殖されたものです。)、日本産は非常に貴重です。

助マスの「助(スケ)」とは「スケ=介=大将」という意味があり、「鱒の介(大将)」(=標準和名)と言う意味があるそうです。

値段を鮮魚担当堀元社員に聞いたら、少し相場が落ち着いたと言ってましたが、時鮭よりも高かったです。

仮に10㌔を超える助マスサイズになると、キロ単価は「網走の釣きんき」と同じくらいまで、跳ね上がるそうです。

さすが鱒の大将、今日紹介したサイズ1尾をラウンドで有名デパートなどで求めたら、2福沢諭吉でも足りないと思います。

もし助マス・マスノスケ(鱒の介)を見つけたら、絶対にお金を出して買う価値ありますよ。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー