トピックス

勘違いしてました、ハナダイ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

市場では見慣れた魚、チダイ。別名関東ではハナダイ。今の時期に丁度春っぽい魚だと思い詳しく調べてみました。

しかし調べてみるとハナダイは、フラワーの花鯛ではなく、オデコ、つまり鼻の部分が出っ張っているので、ハナダイと言うそうです。とんだ勘違いでした。

それでも今日は、千葉県銚子から多量に入荷しているのでハナダイを紹介します。

外形や味わいがマダイに似て、華やかで美しい朱色の体色を持つことから、鯛の姿焼きなどに使われます。マダイとの見分け方は簡単で、大きな特徴・識別部位が2つあります。

1つは「でこっぱち」おでこが大型になると目立って隆起してます。

もう1つは鰓蓋の真後ろ縁が血が滲んで赤いところです。

市場で人気のあるサイズは、体長10~13センチの春日子と呼ばれているもの。3枚下ろし片身が丁度1貫取り出来る大きさで、1匹で2貫の握りが出来るものです。

身質はマダイに比べ少し水っぽいそうで、昆布締めにすると良いそうです。

といっても鯛の本流ですから、どんな調理方法でも美味しく頂けます。これからが本当の旬ですが、スーパーでもよく見かけると思います。是非ご賞味あれ。

IMG_9066 IMG_9070 IMG_9081

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー