トピックス

北海道にも春の訪れ、網走釣きんき登場です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道にも着実な春の訪れを感じさせるサカナを、鮮魚課北海チームのセリ場で見つけました。

網走の釣きんきです。

暫く見かけていないと思ったら、流氷が着岸していて出漁していなかったそうです。

2017年4月17日付網走地方気象台の発表によると、オホーツク海の流氷は、北見市常呂から網走市の海岸40㌔付近と、知床半島の海岸20㌔から30㌔付近にあるそうです。そして18日には、流氷の動きが激しくなり、海岸から離れて行く見込みだそうです。

そんな最中の網走の釣きんきの入荷、今年の初物です。

仲買人も興味があるので、値段を担当の堀元社員に聞いていきますが、「1,000円」と答えるとふ~んとまともに取り合っていません。

皆さんも本当の値段が幾らなのか、察しがつきますよね。

さすが北の高級魚きんき、こんな値段でもサカナをみれば皆納得してしまいます。

漁が本格的に始まり漁獲量も増えれば、もう少し値段が下がるのかな?

煮付けにするのなら、産地や漁法(釣り、底引き網)に拘りなく、相対的に頭が小さく見えるキンキを選べは良いと思います。

しかし高いのは分かっていても、一生に1度は網走釣りきんきは食べてみたいです。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 最近、鎌倉市漁協より朝網のアオリイカやメバルが出荷され、高値で取引されています。
  2. 特種相対品課石川社員のセリ場に、気になる黄色い箱を発見。
  3. またまた予想が的中し、5度目のブリ・ワラサが登場しました。
  4. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー