トピックス

北海道増毛にゴジラ出現。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久々、北海道増毛よりゴジラ出現しました。

冗談じゃなく、北海道ではゴジラエビと呼ばれているこのエビは、標準和名イバラモエビ(茨藻海老)と言います。

様々な地方名があり、新潟県から島根県にかけてはオニエビ(鬼海老)。

そして鳥取県ではサツキエビ(五月海老・皐月海老)と、初春から初夏にかけて旬を迎えるイバラモエビにとってジャスト・インタイムな名称です。

とにかく全身が棘だらけ・厳つい甲冑を纏ったような姿が、「茨」や「鬼」に因んだ呼称の由来です。

改めてまじまじと見てみると、殻の中に身が溢れんばかりに詰まっています。

水揚げ、出荷までそれほど時間がかかっていないので、全てが完全に死んでいるわけではなく、仮死状態で脚を動かしている個体もいます。

鮮度が良ければ、刺身・生食をお勧めします。

しっかりとした食感・歯応えを感じられ、しかも甘みと旨みが濃厚な味が楽しめます。

そしてイバラモエビを殻ごと焼くと、非常に甘味・旨みが強くなり違った味わいを楽しめるそうです。

市場にも滅多に入荷しない、レアものです。

買うチャンスがあったら、逃したら駄目ですよ。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー