トピックス

北海道増毛にゴジラ出現。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久々、北海道増毛よりゴジラ出現しました。

冗談じゃなく、北海道ではゴジラエビと呼ばれているこのエビは、標準和名イバラモエビ(茨藻海老)と言います。

様々な地方名があり、新潟県から島根県にかけてはオニエビ(鬼海老)。

そして鳥取県ではサツキエビ(五月海老・皐月海老)と、初春から初夏にかけて旬を迎えるイバラモエビにとってジャスト・インタイムな名称です。

とにかく全身が棘だらけ・厳つい甲冑を纏ったような姿が、「茨」や「鬼」に因んだ呼称の由来です。

改めてまじまじと見てみると、殻の中に身が溢れんばかりに詰まっています。

水揚げ、出荷までそれほど時間がかかっていないので、全てが完全に死んでいるわけではなく、仮死状態で脚を動かしている個体もいます。

鮮度が良ければ、刺身・生食をお勧めします。

しっかりとした食感・歯応えを感じられ、しかも甘みと旨みが濃厚な味が楽しめます。

そしてイバラモエビを殻ごと焼くと、非常に甘味・旨みが強くなり違った味わいを楽しめるそうです。

市場にも滅多に入荷しない、レアものです。

買うチャンスがあったら、逃したら駄目ですよ。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。
  2. ムムム・・・これはアサリなのか・・・箱には『特大あさり貝』と記載が・・・...
  3. 三重県鳥羽市よりトロ箱が入荷、中身はマグロ?いいえオオニベです。
  4. かなりレアだけど、少々微妙な画像を紹介します。北からは、高級魚の松川(松川ガレイ)。
  5. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...

アーカイブ

市場カレンダー