トピックス

北海道新幹線に乗って、生のホッケを食べに行こう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年になって初めて生のホッケをセリ場で発見しました。ホッケは春には餌を食べるために、秋には産卵のために沿岸に集まる習性があるため、北海道の沿岸では5~7月と11月に多く漁獲されています。

今の時期に水揚げされるモノを別名ハルボッケとも呼ぶそうです。

ほっけは漢字で「魚偏に花」と書くだけあって北海道に桜が咲き始める頃が脂の乗りが良くなる目安となっています。

昨年10月の終わりにホッケを掲載した時に比べてホッケらしい香りが薄いように感じましたが、獲れた時期、魚の年齢、そして脂の乗りが影響していると思います。

ホッケは鮮度が落ちやすい魚なので、鮮度維持のため1匹ずつ丁寧に活け締めがなされています。

魚がバタバタと暴れると疲労物質の乳酸が体内にたまり、味の劣化を引き起こします。活け締めとは、魚を美味しく食べるための熟練の技なんですね。

ホッケはどちらかと言うと、干物が定番ですが、生はこれからが旬、かつては生のホッケは北海道でしか食べられませんでしたが、物流の発展で横浜でも食べることはできますよ。

機会があったら是非食べてみて下さい。

IMG_1022 IMG_1027 IMG_1021 IMG_1028

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー