トピックス

南下浦のサカナはプロをも唸らせる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、セリ場でとても気になることがあるんです。それは、朝網追っ駈けで入荷する先が増えた事です。

最近は、平塚市漁協の2船が通年、鎌倉漁協からは初春から晩秋まで新鮮な魚を届けて頂いていました。

そこに三浦市南下浦からの追っ駈けが今春より復活し、豊富な品揃えに画像を残す方も右往左往する毎日です。

南下浦よりサカナを出荷しているのは、㈱魚敬。

金田漁港に水揚げされた新鮮な魚を出荷するだけではなく、地元三浦を中心に地魚を提供する飲食店を展開したり、貸切地引網やバーベキューのお手伝いもしています。

そして、何よりもサカナ扱いのプロたちを唸らせるものが(株)魚敬のサカナにはあるんです。

マダイ、少し痩せていますが発する色目は鮮やか。

クロダイ、イシダイ、スズキがこんなに太っていて、相模湾のサカナとは少し違います。

シコイワシも見た目も、持った感じも全然違います。

3Dでないので厚みが伝わらないのが残念ですが、丸々太ってコロコロしてます(笑)。

恐るべし東京湾。

かの有名なブランド魚「松輪サバ」を育てる三浦市南下浦の海域。

入荷されたサカナたちは全体的にセリ値も高く、今後も入荷される魚に期待してしまいます。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。
  2. ムムム・・・これはアサリなのか・・・箱には『特大あさり貝』と記載が・・・...
  3. 三重県鳥羽市よりトロ箱が入荷、中身はマグロ?いいえオオニベです。
  4. かなりレアだけど、少々微妙な画像を紹介します。北からは、高級魚の松川(松川ガレイ)。
  5. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...

アーカイブ

市場カレンダー