トピックス

厄介者扱いのアカエイ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の土曜日、柴漁港、秋のさかなフェアは大盛況でした。

そんな柴漁港、横浜市漁業協同組合柴支所より、沢山の魚たちに混ざって珍しいものが入荷しています。”アカエイ”です。

アカエイは、水族館でよく見かけるエイの一種で、浅海の砂地や泥地を好み、海水浴場や河口の汽水域にも生息しているので、釣りや潮干狩り、磯遊びの際にアカエイに遭遇する機会が多く注意が必要です。

と言うのも、アカエイは尾のトゲに猛毒を持つ刺毒魚だからです。

この毒は、カサゴやオコゼ、ムカデ等が持つ「タンパク質毒」で、直接キズの中の細胞を壊し炎症を起こします。

時間が経てば経つほど症状は悪化し、最悪な場合は、アナフィラキシーショックにより死に至ることがあります。

しかし、悪いことばかりではありません。

食べると美味しい!クックパッドにも沢山のレシピがアップされています。

主に鰭(ヒレ)の部分は、クセのない身で、それだけで販売もされています。本体や肝の刺身、皮も食べるそうです。

漁師にとっては厄介者扱いのアカエイですが、広く皆に美味しく食べれることをアピール活動を当市場の経営ビジョンプロジェクトで進行中です。

IMG_5579 IMG_5452 IMG_5453 IMG_5454 IMG_5469

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 台風が通り過ぎたから3日して、やっと本格的に入荷が戻りつつあります。
  2. 「ビノス」の愛称で呼ばれている、ホンビノスガイ。近年販売に注力し、セリ場の市民権は獲得済。
  3. 生筋子が高い!!!!!秋鮭漁が不漁で、副産物<主役の生筋子の入荷も当然少ない状態です...
  4. 今日9月2日は、第一土曜日。第一土曜日と言えば、ハマの市場を楽しもう(市場市民開放)。
  5. 先週末の29・30日の両日、横浜港にある大さん橋ホールにて「大さん橋だいにんぐ」が開催されました。

アーカイブ

市場カレンダー