トピックス

双生児?と思わず聞きたくなりますアオダイとウメイロ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モノクロ写真でみたら、見分けがつかないでしょうねアオダイとウメイロ。

特に顔だけの比較となったら、かなりの困難を極めるでしょうね。

アオダイとウメイロは、同じスズキ目フエダイ科アオダイ属なので親戚、いや兄弟姉妹みたいなものですね。

アオダイは東京都の小笠原諸島三宅島、ウメイロは鹿児島県坊岬とアオダイと同じ三宅島より出荷されてきました。

この2種の魚はセリ場では良く見かける島廻りの代表選手で、お馴染みさんです。

しかし、筆者残念ながら食べたことないですね。

そして、横浜市場の仲卸でも店先に並べられている先は少ないですね。

置いてあっても㈱ムラマツのお店ぐらいかも。

ほとんどが前注文で買われて行く、いわゆる高級魚の仲間です。

上品な白身魚で、淡泊な中に旨み・甘みがあり刺身で食べることをお勧めします。

実際に食べていないので、説得力がないですね(笑)。

刺身だと歩留りが悪いので、丸ごと味わうには塩焼き?色目悪そうですね。

ムニエルなどで食べても上品な仕上がりを期待できるようです。

今度、誰が仕入れているのかチェックして、買ってみよう。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー