トピックス

台風の爪痕は痛い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月19日夜遅く八丈島の東海上で発生した台風10号は、昨日の夜には北海道の西の日本海に達し、31日午前0時には温帯低気圧に変わりました。

今年は、台風発生のペースがおかしく、前半戦ゼロ。8月お盆の頃から立て続けに連続発生と波瀾の年です。

台風が残した余波・影響は大きく、今日も引き続き天然物鮮魚(2号物品)のせりは、ダルマイカが8ケース。

あっと言う間に終了してしまいました。(隣りはセリの鐘鳴ってたかな?)

しかし、昨日は長崎県、福岡県からのダルマイカの入荷がなかったのと比べれば、少しずつ西の方から天候は回復しているんだと思います。

暫く平塚市漁協の定置網もやって来てないので、鮮魚課近海の佐藤社員に動向を聞いたら、現在は2船共に定置網を揚げている状態。

来週には入荷再開するのではとのこと。

(実際平塚市漁協のフェイスブックには、漁港内に船が1隻も係留されていない光景がアップされていました。)

明日は、今日よりも多くのサカナが入荷していること望むばかりです。

IMG_2231 IMG_8639 IMG_8652

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。
  2. マテガイにしては貝殻がデカイ!発泡のケースを見ると「オオミゾ」と記されており、早速ネットで調...
  3. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  4. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...
  5. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー