トピックス

台風10号の動きが気になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さんま、秋鮭を中心に入荷される魚が少しづつ増えてきました。

良い形のイサキが入荷しています。

漁業協同組合JFしまね、地合(ちごう)漁港から出荷されています。

地合漁港は出雲市の東端に位置し、鳥取県の境港にも近い場所にあります。漁港の後ろには城山、秋葉山を背にし、標高30㍍から100㍍にかけて西地合地区の集落があります。

定置網、刺し網、採貝等の漁業により、イサキ、ブリ、イカ、サザエなどが陸揚げされています。

少しずつ魚の入荷してくる魚が増えてきてるのに、台風10号(ライオンロック)の週末の動きが非常に気になります。

平塚市漁協の定置網も2船共に網を揚げて出漁していません。

中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40㍍で、中心から半径90㌔以内では風速25㍍以上の暴風が吹き荒れています。

これは、スーパー台風と言われた2014.台風19号の勢力に匹敵するものです。

自然が相手の商売ですので、今後の台風の動きは当社を始め、仲卸の最大の関心事。

月曜日、セリ場に沢山のサカナが並んでいることを期待したいです。

IMG_8536 IMG_8535 IMG_8537 IMG_8540

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 今日も、小柴から数多くの魚たちが入荷してきました。
  2. 水産物部経営ビジョンの活動の一環で、金沢区にある柴漁港に行ってきました。
  3. 夏と言ったら岩ガキ、かなり強引ですか?しかし、セリ場には茨城県、新潟県、鳥取県などから大量に...
  4. 仲卸㈱ムラマツの村松社長より取材協力の連絡があり、すっとんで伺いました。
  5. えっ!?何が『格上げ』だって!?盛り上がってきたからね~...

アーカイブ

市場カレンダー