トピックス

同じ相模湾でも魚のサイズが違います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海って本当に不思議です。

同じ相模湾でも獲れるサイズが違うなんて!

鮮魚課小島社員のセリ場に三浦市三崎のマルツ・㈲島田商店よりワラサが入荷しています。

2入れ8~9㎏、1尾4㎏超に成長したワラサが既に泳いでいるんですね。

このところワカシが大きくなったと感じていただけに、群れによって個体差がかなりあるんで驚きです。

ワラサの水揚げ場所を小島社員に確認してみると、三崎の諸磯だそうです。

そして、しばらくすると平塚市漁協の川長三晃丸より追っ駈けの魚が登場しました。

魚の対比のために狙うはワカシ!目標画像ゲットしました。

今のところ平塚には、ワカシサイズはいても、ワラササイズの水揚げはないんですかね?

平塚と三浦の諸磯は、直線距離で結んで約29km。

こんなに至近距離なのに、海の中を回流する魚は全く異なるんですね。

海って本当に不思議、神秘的ですね。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 最近の朝晩の寒さは、カラダに堪えます。そんな時は『鍋』がイイですよね。
  2. 個人的なイメージで、何の根拠もない話ですが、今年もアンコウ(鮟鱇)は豊漁な気がします。
  3. 今、皆さんに是非食べて欲しい魚がいるんです。それはブリ。
  4. 早朝の冷え込みが、一段と厳しくなってきた横浜市場。
  5. あ~あ、高級食材見つけた。目の毒ですね。

アーカイブ

市場カレンダー