トピックス

同音異物なサカナたち。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日鬱陶しい天気が続いています。そして台風15号、16号が13日3時に発生しました。

やっと市場内も前回の影響から落ち着きを取り戻し、サカナも安定的に入荷してきたと思ったのに、先が全く読めないですね。

今日は、数多く美味しそうな魚が入荷しているので、趣向をかえて「同音異物」なサカナを紹介します。

最初に、イサキとアカイサキです。

ともにイサキと言う名前で呼ばれていますが、種類(分類)が全然違います。

イサキはスズキ目イサキ科イサキ属、対してアカイサキはスズキ目ハタ科アカイサキ属のサカナで、スズキ目しか合致してません。

色は別として姿形も違うのに、このように似た名前が付けられことが不思議です。

img_9131 img_9156 img_9133 img_9158

次は、サバとアカサバです。

サバ(画像はゴマサバ)はスズキ目サバ科サバ属、対してアカサバはスズキ目ハチビキ科ハチビキ属のサカナです。

これまた一致するのは、スズキ目だけ。加えてアカサバに至っては、標準和名がハチビキですから全く違うサカナです。

サンマ、サヨリ、サワラなどの「さ」=「狭長なる」と言われることから、少し無理はありますがサバの名前を借りたような感じです。

しかし、味そして身質もサバとはかなり距離があるように思います。

サカナには学名、地方名、成長名、季節名など様々な呼び名がありますが、魚介類の名称のガイドラインがキチンと決められているんですよ。

今度、詳細ご報告します。

img_9159 img_9161

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー