トピックス

味噌汁でいきましょうか、ヒラツメガニ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先月は青森県から、今日は大分県豊後水道よりヒラツメガニが入荷しています。

自分で前回調べ、北は北海道南部以南、南は九州、沖縄、八重山諸島、東シナ海と幅広く生息すると知っていましたが、実際に入荷してくると何故か不思議な気持ちにさせられます。

ヒラツメガニは小振りなカニで、甲幅は10~12センチ程度のワタリガニと同じ仲間です。

第2脚、第4脚は歩くことができる脚(歩脚)ですが、第5脚は泳ぐ際に使う脚(ヒレ脚)となっており、歩いてでも泳いででも移動ができる器用なカニです。

いつもは岩陰や砂地でじっとしていることが多いのですが、基本夜行性のカニで、よなよな小魚やエビを捕食して活動しているそうです。

ヒラツメガニが繁殖する時期は、秋から春にかけてです。

特に10~11月、2~4月頃には抱卵しているカニが多くなるため、この時期に水揚げされるヒラズメガニのファンは多いそうです。

手で潰せる程殻は柔らかく、脚にはほとんど身が入っていないので、丸ごとか、ぶつ切りにして料理すると良い出汁が出るそうですよ。

そして茹でたり、熱を加えることで、鮮やかな朱色に変身!朱(赤色)が最もめでたい色、そして縁起の良い言われている中国や台湾でも大モテの食材です。

漁獲量が少ないので、なかなか市中に出回らないヒラツメガニ、是非味噌汁で贅沢に食べて欲しいカニです。

img_1022 img_1024 img_1023

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. な・・・なんて事をさせるんだ!!お母さん!ぼらジローの誘惑にのってはいけない・・・あ...
  2. 夏の高級魚メイチダイ(目一鯛)を鮮魚課のセリ場で発見。
  3. 昨日、仲卸で初物買っちゃいました「サンマ=秋刀魚」です。
  4. ここ数日、平塚市漁協の日海丸、川長三晃丸からの朝網追っ駈けがないんです。
  5. 特種課のセリ場で「海の宝石」を見つけました。北海道産の生筋子、一年ぶりの再会です。

アーカイブ

市場カレンダー