トピックス

味噌汁にするには勿体ない!メスのズワイガニ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山形県からズワイガニが入荷!と言っても外子を抱いたメスのズワイガニです。

ズワイガニは資源保護のため、省令によって海域毎に解禁日が設けられています。

日本で一番早くズワイガニ漁が解禁するのが、兵庫県柴山漁港の柴山蟹で、9月1日から翌年の6月末まで漁期が続きます。

(※メスの漁期は9月1日から12月末までと短くなっています。)

ズワイガニが水揚げされる地域は、主に富山県以西の海域と新潟県以北の海域に二分され、新潟県以北の海域はオスメスともに10月1日解禁(漁期は翌年5月31日まで)。

富山県以西の海域は、11月6日解禁(漁期はメスガニが翌年1月10日まで、オスガニが翌年3月20日まで)となっています。

ズワイガニは、地域によってブランド化され呼び名がいろいろある人気のカニで、越前ガニ、松葉ガニ、香住蟹などは非常にメジャーな存在です。

そしてメスガニもオスガニに負けず劣らず呼び名が沢山あり、香箱蟹(石川県)、セイコガニ(福井、鳥取県)、セコガニ(兵庫県)、コッペガニ(京都府)などと呼ばれています。

メスのズワイガニの最大の魅力は、食感がプチプチした外子と鮮やかな朱色の内子、そしてカニ味噌のコクと旨みです。

美味しく食べる方法は、簡単に且つ余すことなく活かすことができる味噌汁が1番だそうで、味噌以外は調味料いらずで堪能できるそうです。

ズワイガニが水揚げされる産地では、お手頃な金額で入手できる晩秋から冬の自然の恵みです。

見るだけでなく、一度は味わってみたいものです。

img_02551 img_02101 img_02531 img_01721 img_01961

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。
  2. マテガイにしては貝殻がデカイ!発泡のケースを見ると「オオミゾ」と記されており、早速ネットで調...
  3. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  4. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...
  5. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー