トピックス

和・仏・伊の煮込みにホウボウ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

良い形のホウボウが、鳥取県の第三生洋丸より入荷しています。

ホウボウは、寒くなるこれからが本格的な旬の時期迎えるサカナです。

兎に角愛くるしい外見と鮮やかな朱色の体色がチャームポイント、頭が大き過ぎるので歩留りが良くありません。

しかし、ホウボウはカサゴ目ホウボウ科に属し、白身で刺身で食べると美味しいんです。

筒状の体型なため捌き難いとずっと思っていましたが、頭を先に落しておけば簡単に三枚におろせるようです。

切り取った頭は、絶対に捨てないでください。アラから良い出汁がでるので、潮汁などでも楽しめます。

「包丁を使って捌くのはどうかな?」と思う人はたくさんいると思います。

そんな人のためには、内臓だけ取り除き煮込んだ料理はどうですか?

和風であれば煮付け、フランス料理のブイヤベース、イタリア料理のアクアパッツァなど等。

素材が良ければ、適当に作ってもそれなりに美味しく作れますよ。

筆者もホウボウを見ていて、アクアパッツァを作りたいという衝動にかられました。

今度仲卸で買ってみたいと思います。

img_0817 img_0822 img_0823 img_0816 img_0825

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. な・・・なんて事をさせるんだ!!お母さん!ぼらジローの誘惑にのってはいけない・・・あ...
  2. 夏の高級魚メイチダイ(目一鯛)を鮮魚課のセリ場で発見。
  3. 昨日、仲卸で初物買っちゃいました「サンマ=秋刀魚」です。
  4. ここ数日、平塚市漁協の日海丸、川長三晃丸からの朝網追っ駈けがないんです。
  5. 特種課のセリ場で「海の宝石」を見つけました。北海道産の生筋子、一年ぶりの再会です。

アーカイブ

市場カレンダー