トピックス

営業はいつもカラダと気を使ってます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

商品を販売するには、ただ単純に並べれば買ってもらえる訳ではありません。特に魚は、仲卸が直接目利きをして良いと思ったものを買っていきます。

仲卸は小売店や飲食店、居酒屋、ホテルなどから注文を受けて必要な魚を購入したり、スーパーのバイヤーと一緒にセリ場を廻り魚を選んだり、日々のお勧め魚の情報提案をしています。

広いセリ場で、存在感を示すには工夫が必要となります。それか陳列方法、魚の見せ方だったりするんです。

例えば平塚市漁協の追っ駆けで「シコ」カタクチイワシが入荷すると、発泡スチロールの箱の状態を確認します。氷水が汚れていたら、海水を入替え魚がキレイに見えるように一作業します。

せっかく獲れたて新鮮なシコでも、水が汚れていると買う気にもならないと筆者も感じます。水1つで印象は全然違ってきます、どうですか写真の具合は?!

セリ場内は風が循環しているので、魚は時間が経つとカピカピの干物状態になってしまいます。

営業担当はそのため最低限目利きが出来る様に、腹や背、厚さが分かるように氷やシートを外し、魚をショーアップしているんですよ。まるで魚が、氷の布団に寝ているようです。

魚の並べ方も、重さ、入荷した魚種を見ながら決めていくんですよ。毎日、時間と闘いながら当社社員は、キビキビ働いています。

IMG_4031IMG_4037 IMG_3299 IMG_3298

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー