トピックス

国産、新仔、朝焼き、う~ん、㈱鰻勝のウナギ食べてみたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関東地方は梅雨入りしたものの、まだ本格的な雨が降らない状況です。

しかし、朝夕・日中の気温差が激しいためか、車のフロントガラスには朝露、そして朝夕の靄が凄いことになっています。

何となく気分も冴えず、体調に変調を来す予感が・・・・・。

そうだ、こんな気分の時はバッチリ、スタミナつけちゃいましょう。

そして塩干低温倉庫で見つけました!㈱鰻勝の「新仔 朝焼き鰻白焼き」、しかも国産愛知県産です。

 

筆者が「新仔 朝焼き鰻白焼き」を見ていると、営業二部藤山次長が話しかけてくれ商品の薀蓄を少し教わりました。

まずは新仔、字のごとく新しいウナギの子=養殖されて1年以内の若いウナギです。

朝焼きについては、何と出荷される当日=今日の午前0時以降に焼かれたものなんです。

 

写真の右上に赤っぽいモノが映り込んでいますが、その正体はウナギの肝。

処理して時間が経っていないことの証拠かもしれません。

加工しているのは㈱鰻勝本社で、筆者の母校神奈川県立金井高等学校の側なので当日市場へのデリバリーも可能なんですね。

(筆者の生活圏内に取引先の加工工場があるなんて、是非見学してみたいです。)

さすがに売り物なので直接商品には手を触れませんでしたが、箱を揺らすだけで身の柔らかさを見て感じ取れます。

新仔ウナギの良さは、口の中に入れてほろほろと蕩けるような食感だそうです。

「新仔」は重要なキーワードです、もし見かけたら是非口にしてもらいたウナギです。

2017年は、何と7月25日(火)と8月6日(日)の2回丑の日があるんですが、2回ある場合は大体「一の丑」がメインとなるそうです。

ちょっと早いですが、今の時期の方がいいモノ安く買えるかもしれませんね。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー