トピックス

土用の丑の日と言わず、うなぎは1年中食べて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の夏の土用の丑の日は7月30日(土)です。土用とは、土旺用事の略で、土用というと夏を思い浮かべる方も多いと思いますが、土用は各季節にあります。

陰陽五行説で春夏秋冬をそれぞれ木・火・金・水とし、(余った)土を各季節の終わりの18日間に当てはめたことから、立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間を土用と言うそうです。

一般的には立秋前の18日間の夏土用をさします。この時期を暑中と呼び、暑中見舞いを出す時期でもあります。

また、夏土用に入って3日目が晴れれば豊作、雨が降れば凶作と言われています。この豊凶占いのことを「土用三郎(どようさぶろう)」と言うそうです。

2016年の夏土用の入りは、7月19日、土用明けは8月6日となっています。

夏の土用は、1年の中で最も暑さが厳しいとされる時期にあたるため、江戸時代にはこの期間の丑の日を「土用の丑の日」と重視し、柿の葉などの薬草を入れたお風呂に入ったり(丑湯)お灸をすえたり(土用灸)すると夏バテや病気回復に効き目があるとされています。

そして土用の丑の日のうなぎは有名ですが、昔からこの日に「う」のつくものを食べると病気にならないと言われてきました。

土用の丑の日とは言わず、1年中うなぎは食べて欲しいものです。牛肉のステーキやとんかつよりも低カロリーで、ビタミンやカルシウム、オレイン酸やEPA、DHAが多く含まれています。

最近は皮の周囲に含まれるコラーゲンにも注目が集まっています。国産も外国産も美味しそうですよ!

IMG_6895 IMG_6898 IMG_6896 IMG_6901

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。
  2. マテガイにしては貝殻がデカイ!発泡のケースを見ると「オオミゾ」と記されており、早速ネットで調...
  3. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  4. 誰かのせいにしたくないけど、アニサキス食中毒の影響は確実に出ています。
  5. あじ!アジ!鯵~!!明日から日中気温が30℃近く上る予報が出ている横...

アーカイブ

市場カレンダー