トピックス

地産地消の籠淸小田原おでん。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気候学上も暦の上でも秋真っ盛りの今の時期、営業二部、瀬川専任次長より、是非とも紹介したい商品があり、今日は小田原籠淸の小田原おでんを紹介します。

この商品は、地産地消の宝石箱みたいで、地元小田原の豊富な海の幸、山の幸を使用した食材へのこだわり、籠淸のものづくりへのこだわりと、沢山の大切なこだわりが詰まった一品です。

2人前を想定し、それぞれが1個ずつ食べられるよう、各練物は2個入りとし、何と生でも食べられるくらい高品質なおでん種になっています。

他にも星ほどのこだわりが・・・・・。

各種小田原団子とすじ鉾、ちくわには、相模湾で獲れた地魚(イワシ、イサキ等)をブレンドして作り上げています。

小田原団子、地ねぎには、小田原で生産されたねぎを100%使用しています。

とことん「地産」にこだわった商品に出来上がっています。

商品名の帯にはQRコードが印刷されており、そこからアクセスするともっとディープな世界にBonVoyage。

今回の商品を紹介するために、色々ネットで調べましたが、小田原籠淸さんのこだわりに脱帽すると共に最敬礼。

是非とも小田原おでん、お試し下さい。

IMG_2171IMG_2134IMG_2165


 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー