トピックス

地産地消の籠淸小田原おでん。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気候学上も暦の上でも秋真っ盛りの今の時期、営業二部、瀬川専任次長より、是非とも紹介したい商品があり、今日は小田原籠淸の小田原おでんを紹介します。

この商品は、地産地消の宝石箱みたいで、地元小田原の豊富な海の幸、山の幸を使用した食材へのこだわり、籠淸のものづくりへのこだわりと、沢山の大切なこだわりが詰まった一品です。

2人前を想定し、それぞれが1個ずつ食べられるよう、各練物は2個入りとし、何と生でも食べられるくらい高品質なおでん種になっています。

他にも星ほどのこだわりが・・・・・。

各種小田原団子とすじ鉾、ちくわには、相模湾で獲れた地魚(イワシ、イサキ等)をブレンドして作り上げています。

小田原団子、地ねぎには、小田原で生産されたねぎを100%使用しています。

とことん「地産」にこだわった商品に出来上がっています。

商品名の帯にはQRコードが印刷されており、そこからアクセスするともっとディープな世界にBonVoyage。

今回の商品を紹介するために、色々ネットで調べましたが、小田原籠淸さんのこだわりに脱帽すると共に最敬礼。

是非とも小田原おでん、お試し下さい。

IMG_2171IMG_2134IMG_2165


 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー