トピックス

塩津定置は、吉田くんがトレードマーク。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

活け〆のヒラマサ、少し血の色が生々しいですが、色艶がよくて美味そうです。

何処から入荷しているのか確かめてみると、島根県の塩津定置でした。

発泡のケースにどこかで見たことがある人物が・・・・・・。そうです、秘密結社鷹の爪団の吉田くんです。

島根県は、同県出身の登場キャラクター「吉田くん」を島根Super大使(宣伝隊長)に任命しているそうです。

余談はともかく、塩津定置のサカナには秘密があるんです。

1つ目の秘密は、「美味しさ」。

塩津定置で獲れたサカナは、新鮮で美味しいと定評があります。その美味しさの秘密は、漁場を港より1㌔のところに構えており、船で10分で獲りたてのサカナを持ち帰ることが出来るからです。

2つ目の秘密は、「氷」。

獲れたサカナは生きたまますぐに殺菌冷海水に浸けられます。外からとお腹のなかの両方からすぐに冷やすため、鮮度が高い水準で保たれます。

加えて塩津定置では、細かく砕いた氷を使用し、サカナを傷つけず早く冷える工夫をしているそうです。

島根県の出雲市塩津近辺は、数多くのサカナが漁獲される豊かな漁場ですので、継続的に塩津定置のサカナを追ってみたいと思います。

img_9449 img_9450 img_9447 img_9444 img_9443 img_9442

関連記事

ピックアップ記事

  1. でっかいマダラ、今日はなぜかメスばかり入荷されています。
  2. 兵庫県淡路島、愛媛県宇和島、そして長崎県よりお馴染みのサカナが入荷してます、マアジです。
  3. フグ太郎:「お名前教えてくれるかな?」謎の魚:「・・・」フグ太郎:「どこから来たの?...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー