トピックス

夏にナメタガレイ、どうなんでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近セリ場を廻っていて気になることがあったので、営業一部の源波部長に聞いてみました。

それは、冬の商材だと思っていたババガレイ(代表的な呼び名、ナメタガレイ)が鮮魚課、特種課のセリ場に並べられているからです。

それも表側と全く違う純白で魚体もキレイ。なにより肉厚で美味しそうなんです。トレードマークの大量の粘液も気持ち冬より臭くないです(笑)。

源波部長曰く、今やナメタガレイも年間商材で、1年中食べることが出来るそうです。冬の時期は子持ちが重宝されますが、今入荷しているナメタガレイは卵に栄養分を取られず、身質がシッカリしているので美味しいそうです。

筆者はあまり卵巣、白子が得意ではないので、子持ちでないのが歓迎です。やはりナメタガレイと言うと煮付けが定番ですかね。「鰈の王様」「煮魚の王様」と呼ばれるほどですから。

是非夏のナメタガレイにも挑戦したいと思います。何と言っても名前の由来に「美味しくて美味しくて皿まで舐めた」と言う説がある魚ですから、王道を外さないと思います。

IMG_6239 IMG_6237 IMG_6241

関連記事

ピックアップ記事

  1. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  2. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  3. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー