トピックス

夏にナメタガレイ、どうなんでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近セリ場を廻っていて気になることがあったので、営業一部の源波部長に聞いてみました。

それは、冬の商材だと思っていたババガレイ(代表的な呼び名、ナメタガレイ)が鮮魚課、特種課のセリ場に並べられているからです。

それも表側と全く違う純白で魚体もキレイ。なにより肉厚で美味しそうなんです。トレードマークの大量の粘液も気持ち冬より臭くないです(笑)。

源波部長曰く、今やナメタガレイも年間商材で、1年中食べることが出来るそうです。冬の時期は子持ちが重宝されますが、今入荷しているナメタガレイは卵に栄養分を取られず、身質がシッカリしているので美味しいそうです。

筆者はあまり卵巣、白子が得意ではないので、子持ちでないのが歓迎です。やはりナメタガレイと言うと煮付けが定番ですかね。「鰈の王様」「煮魚の王様」と呼ばれるほどですから。

是非夏のナメタガレイにも挑戦したいと思います。何と言っても名前の由来に「美味しくて美味しくて皿まで舐めた」と言う説がある魚ですから、王道を外さないと思います。

IMG_6239 IMG_6237 IMG_6241

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー