トピックス

夏はやっぱりタカベ、塩焼きをお試し下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都の魚が大量入荷しました。

東京都の魚?江戸前の魚のこと?いいえ伊豆七島は新島、神津島よりタカベの入荷です。

見ての通り南国らしい色彩のタカベ、本州から九州の太平洋側に生息してます。

特に伊豆大島から三宅島にかけての島廻り、東京都で大量漁獲されるんで東京都の魚=都魚などと称されています。

夏を代表する魚で、今の時期、焼き魚で食べたら脂がのって非常に美味です。

では皆さん、スーパーで買って召し上がって下さいと言いたいところですが・・・・・。

タカベはこう見えてもアジやサバのような一般大衆魚ではなく、どちらかと言えば「高級魚」の側に属します。

ですから、なかなかスーパーなどでは見かけることができないんです。

もしもスーパーなど量販店の店先にタカベが売られていたら、その量販店には魚を良く知った生鮮バイヤーがいるんだと思います。

タカベは騙されたと思って、鱗だけ引いて「焼き魚=塩焼き」で食べて欲しいです。

タカベの腹にはラード状の脂があり、焼く際にはその脂を有効に使います。ですから腹も切らず、内臓の処理も行わなくても良いです。

腹を切っていないので、焼いていると次第に腹の脂が魚全体に染み渡ります。

(脂をカラダに入れることを躊躇されるかたは、事前に内蔵の処理と脂の適当な量まで取り除いてもイイですよ。)

そして召し上がる時は、自分の好みで召し上がって下さい。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. コンスタントに、北海道からサンマ入荷してます。
  2. 梅雨が明けるまであんなに暑かったのに・・・・、今年は完全に冷夏です。
  3. 4日ぶりの水揚げになった、平塚漁港・朝どれ鮮魚『追駈け』入荷情報をお知らせする黒板には・・・...
  4. すぽーーーーーーん!!ぼらジローの奴め・・・今度はホズミンと楽しそうに絡みや...
  5. 先週末の29・30日の両日、横浜港にある大さん橋ホールにて「大さん橋だいにんぐ」が開催されました。

アーカイブ

市場カレンダー