トピックス

夏を感じさせる魚「鱰」(シイラ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も平塚市漁協、鎌倉漁協から追っ駆けの魚たちが入荷、そして読売新聞の記者も取材で来場していました。

皆口々にシイラを見て、夏が来たねと言います。今日夏を感じさせる魚、鱰(シイラ)をご紹介します。

シイラの由来は見た目通り平らたく体皮は堅く、肉が少なく薄身なことから、米の結実しない籾のことを粃(しいな)と呼ぶことに因んで呼ばれるようになったようです。「死平」とも書かれます。

ハワイで「マヒマヒ」と言う名で魚料理が高級レストランでよくでてきますが、マヒマヒはシイラのことです。

スズキ科の魚なので身質は白身で、猛スピードで泳ぐため筋肉質で脂質が少ないことから、鮮度保持が難しく、傷みが早いのですが、地域によってはスーパーの店頭でも切り身が販売されているそうです。

美味しい食べ方ですが、鮮度が良ければ刺身、フライ、ムニエル、バター焼等が一般的です。

今日の珍客は、大アナゴです。

IMG_4616 IMG_4626 IMG_4645 IMG_4669 IMG_4619


 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  2. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  3. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー