トピックス

夏場が旬のイワガキ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、特種相対品課、鮮魚課のセリ場でカキを発見。恐る恐る当社社員渡部次長にイワガキ?マガキ?と質問。答えはこれからが旬のイワガキでした。

イワガキもマガキも分類上はカキ目イタボガキ科マガキ属で同じ仲間なのですが、外国名、学名もそれぞれの名前を持っています。

夏に楽しめるイワガキは、マガキよりも粒が大きくプリプリで味も濃厚です。イワガキとマガキの違いは、まず見た目。イワガキはマガキに比べ分厚く大きな殻に覆われています。

その違いは育つ環境によるもので、マガキは波打ち際や海岸線沿いの沿岸部で育ち、養殖場も主に浅瀬に作られます。

対してイワガキが育つのは海底深く、そのため過酷な環境に耐えられるよう、殻が分厚くなったと考えられます。

また、同じカキなのに旬が真逆なのは、なぜなのか?実は、産卵の仕方に違いがあるそうです。

イワガキもマガキも産卵時期は同じ夏場なんですが、その産み方が違うんです。

マガキは、秋冬から栄養を蓄え、夏の手前で一気に産卵します。そのため、産卵直後は栄養が抜けて味がおちてしまいます。

しかしイワガキは、同じ夏場が産卵期ですが、マガキのように一気に産卵せず、少しずつ卵を産んで行くそうです。

そのため産卵期の夏場でも栄養が抜けてしまうことなく濃厚な味が楽しめるんです。

大きいものは重さ1キロを超えるイワガキもあるそうです。1個食べればお腹がふくれるほど可食部が大きく、独特の渋みと旨味を持ったイワガキを是非食べて下さい。

IMG_3646IMG_3661 IMG_3649 IMG_3648 IMG_3650

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 可愛い奴がセリ場にいました。湘南の海にはお馴染みのショウサイフグとシロサバフグです。
  2. 今日は、当社が水産物卸売業故に見ることが出来る光景を紹介します。
  3. またもや、大阪湾よりボラが入荷しました。
  4. 昨日は折角の休日なのに珍しく曇天、海は時化て、俄かサーファーは海に入っても波に乗れずじまい(笑)。
  5. やったー!思いつきで始めた「先週の市場への珍客を紹介します」も、やっと二桁10回目となりました。

アーカイブ

市場カレンダー