トピックス

夏枯れかな?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お盆休み前に、平塚市漁協の川長三晃丸より追っ駆けのサカナ入荷しました。

しかし、漁獲量は少なく磯崎社長によると、水温が高いので魚が深場に移っているかもと話されていた。

現在の相模湾内の水温は26~27°、黒潮流れる八丈島辺りは29°と昨年に比べて1℃くらい高めになっています。

このため、小田原魚市場もサカナの水揚げはパラパラの状況らしいです。

今日あたりは、アジやイサキなどは、4時の段階でセリ場にない状態です。

辛うじて特種課の本牧・小柴のセリと、鮮魚課関西チームのダルマイカを競る声だけが活気を帯びていました。

市場業界の人は、「夏枯れ」と言うワードをこの時期よく使います。

本格的な夏の到来と共に暑さが増し、その暑さと反比例するようにサカナの水揚げが減少。サカナの入荷が少ない日が続くことを「夏枯れ」と呼びます。

いつまで続くのか分からない夏枯れ、しかし転機は幾つかあります。例えば台風や休漁。

丁度、14日(日)、15日(月)、16日(火)は、市場のお休みで、漁も休漁です。

このお盆休みを契機に、サカナが湧いてくることを期待します。

IMG_8294 IMG_8307 IMG_8314 IMG_8321

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー