トピックス

大きな目のクロムツ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神津島から立派な形のクロムツが入荷しました。

神津島近辺の海水温は、22~23℃、相模湾に比べると1~2℃高めです。

クロムツの旬は、晩秋から冬が美味しい時期ですが、通年水揚げがあり、夏場でも十分に脂がのった味わいが楽しめます。

ムツは、一種類の魚ではなく、「ムツ」と「クロムツ」の2種類の総称だそうです。

両者はとても似ているため、見分けは難しく、魚体の色目が少し違うため区別の材料となるそうです。英語で表すと「Bigeye」そのものですね。

筆者が地元のスーパーで4尾398円のクロムツを発見。安かったので即購入し、煮付けにしましたが・・・。ムムッ、そんなに脂がのってない!

やはり産地によって魚の味は違うようです。大暴投と言うほど外した訳ではないですが、期待が大きかっただけにショックありますね。

安さにつられたのが失敗の原因なのか、よく考えてみます。

鮮魚はしっかりした鮮魚店、スーパー、デパートで買って下さいね。

IMG_6891 IMG_6843 IMG_7075 IMG_7069

関連記事

ピックアップ記事

  1. ちょっと小振りですが、美味しそうな魚が東京湾内湾の富岡から入荷しましたカサゴです。
  2. とてもフレッシュ、ジューシーと言う修飾語がぴったりなクジラが、特種相対品課北村社員のセリ場に登場です...
  3. 『初入荷』で、ございます。
  4. 不思議なものですが、極端に寒い氷点下の日が続くと今日みたいに気温5℃ぐらいだと温かく感じられます。
  5. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。

市場カレンダー