トピックス

大爆釣、平塚市漁協より350本のブリ入荷しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年はなかったから2年ぶりの大爆釣、平塚市漁協の日海丸よりブリが350本入荷しました。

同じ相模湾の小田原には連日t(㌧)単位の水揚げがあったのですが、どうして平塚に揚がらないのか?

待ちに待っていた豊漁に、市場らしらを一気に取り戻したようです。

実は午前4時過ぎには、今日の入荷の状況の連絡が鮮魚課近海担当の佐藤社員の元には届いており、300本以上のワラサが入荷する話でした。

今か今かと待ち構えていると、日海丸のトラックが登場。

ダンベが次々とトラックの荷台から下ろされて、大量のワラサ?いや立派なブリが出てきました。

以前水揚げされた際は結構ガリガリに痩せて、お世辞にも美味そうと言えるものではなかったのですが、今日はちら見状態でも、良いサイズのブリが入荷しています。

7㌔超から5㌔切れるサイズ、5㌔台中心に合計350本のブリが事前に並べられたパレットに、重さ毎に5~7本1パレで整列です。

これだけのブリが並ぶと、なぜか気持ちはワクワク、カラダ中にアデノナリン分泌しているのが分かります。

今、試しに1本下ろしてもらい食べてみましたが、とりたて新鮮なので食感は、歯応え最高。

最初食べた瞬間は、何も旨みを感じませんでしたが、よ~く噛んでいたら旨みとほど良い脂分を感じました。

早ければ今日か明日には、神奈川県内の鮮魚店や量販店の店先に並んでいると思います。

ちょっと満開を過ぎて葉桜となっている横浜の桜、遅咲きですが地元神奈川の桜鰤もどうぞ召し上げれ。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 東京湾子安より、縞々の魚がリンゴ箱に入って入荷しました。
  2. 市場休みの前、別の記事でも紹介した長崎県対馬ブランド魚「紅瞳」。
  3. 本日の朝どれ鮮魚『追駈け』セリの1番札は不動の人気魚『平塚漁港の真アジ』梅雨...
  4. 氷の中には何がいるの?冷たく冷やされた海水に手を突っ込み中身を探ると、出てきました平...
  5. いテテテ・・・360度。

アーカイブ

市場カレンダー