トピックス

大羽?大振りなマイワシ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニシンかと思ったらマイワシ、発泡スチロールの箱には大羽と記載されていますが何?早速調べてみました。

マイワシは、成長にともなって名前が変わる出世魚だったんです。

シラス、平子、小羽、中羽、大羽、と呼ばれ大羽は20センチ超の大物です。

マイワシの旬は、6月から初冬ですが、今入荷しているマイワシは、どこの入荷分も丸々太って、見ただけで脂が乗っていることを感じることができます。

これだけ大きいイワシになると、手開きと言うよりキチンと三枚におろすんでしょうか。

鮮度が良いので刺身もいいですね。我が家では大胆に頭を切り落とし大名おろし、内臓処理した後圧力鍋を使って煮付け。

骨まで柔らかく食べられ、イワシの栄養成分をもれなく体内に取り入れることが出来ますよ。

IMG_7225 IMG_7231 IMG_7227

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今日は、地元神奈川県のブランド魚「松輪サバ」が入荷しています。
  2. 今日の入荷を黒板に表記中に・・・銚子東沖『鮮マカ・・・』おぉ・・・まさか!?...
  3. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  4. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  5. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...

市場カレンダー