トピックス

大羽?大振りなマイワシ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニシンかと思ったらマイワシ、発泡スチロールの箱には大羽と記載されていますが何?早速調べてみました。

マイワシは、成長にともなって名前が変わる出世魚だったんです。

シラス、平子、小羽、中羽、大羽、と呼ばれ大羽は20センチ超の大物です。

マイワシの旬は、6月から初冬ですが、今入荷しているマイワシは、どこの入荷分も丸々太って、見ただけで脂が乗っていることを感じることができます。

これだけ大きいイワシになると、手開きと言うよりキチンと三枚におろすんでしょうか。

鮮度が良いので刺身もいいですね。我が家では大胆に頭を切り落とし大名おろし、内臓処理した後圧力鍋を使って煮付け。

骨まで柔らかく食べられ、イワシの栄養成分をもれなく体内に取り入れることが出来ますよ。

IMG_7225 IMG_7231 IMG_7227

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー