トピックス

大羽?大振りなマイワシ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニシンかと思ったらマイワシ、発泡スチロールの箱には大羽と記載されていますが何?早速調べてみました。

マイワシは、成長にともなって名前が変わる出世魚だったんです。

シラス、平子、小羽、中羽、大羽、と呼ばれ大羽は20センチ超の大物です。

マイワシの旬は、6月から初冬ですが、今入荷しているマイワシは、どこの入荷分も丸々太って、見ただけで脂が乗っていることを感じることができます。

これだけ大きいイワシになると、手開きと言うよりキチンと三枚におろすんでしょうか。

鮮度が良いので刺身もいいですね。我が家では大胆に頭を切り落とし大名おろし、内臓処理した後圧力鍋を使って煮付け。

骨まで柔らかく食べられ、イワシの栄養成分をもれなく体内に取り入れることが出来ますよ。

IMG_7225 IMG_7231 IMG_7227

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 寒鰆と呼ぶには少し早いのですが、三重県鳥羽市にある答志島よりサワラが入荷してます。
  2. 北海道から大量にブリが入荷してます。
  3. 台風18号が通過した9月18日、九州は福岡の博多湾で、ある魚が大量発生=湧いて大騒ぎになりました。
  4. 今日9月2日は、第一土曜日。第一土曜日と言えば、ハマの市場を楽しもう(市場市民開放)。
  5. 先週末の29・30日の両日、横浜港にある大さん橋ホールにて「大さん橋だいにんぐ」が開催されました。

アーカイブ

市場カレンダー