トピックス

天使のサメ、カスザメ美味しいよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日突然鮮魚課の佐藤社員から、このサカナの印象聞かせてと託されたモノがいます、カスザメです。

直近2ヶ月で2度も平塚市漁協の追っ駆けや、先々月筆者も平塚の現場でもご対面しています。

外見で判断してはいけないのですが、正直グロいのです。しかし、サメの中で一番美味しいと言われています。

そして英名が、「Angelfish」「Japanese angelshark」で天使のサメと呼ばれています。

名は体を表すと言いますが、ム・ム・ム・・・・・。かなり無理があるかな?しかし、エイヒレみたいな胸ビレが天使の羽根かな(笑)?

家に帰っていざ料理!時間がないので当日は、1品だけのチャレンジです。

切り身になっていると思い袋を開けたら、因幡の白兎状態。頭が取り除かれ、キレイに皮を剥がれたカスザメがいました。

生のままで全く臭みがなく、骨はシッカリしているのですが軟骨なのでスパスパ切れます。

目指す料理は、なんちゃってカスべのムニエル、トマトソース添え見たいなものに挑戦です。

カスザメは、火が通りやすいように適当に切れ目を入れて、下味塩コショウ。オリーブオイルに少々のニンニクを入れて香りつけ。

バターを投入後に、サカナに油脂をかけながら焼いて行き、火加減に注意しながら蒸し焼きです。

ソースは、焼き終えた油に玉ねぎ、白ワイン、バターの追加、ミニトマト(半生)、塩コショウ、パセリを入れて乳化を待って出来上がりです。

食べた感想は、癖のない白身肉、ネットで鶏肉と形容されているものもありますが、パサパサ感がなく、タラの身のような骨からの身離れ感です。

以前食べたムキサメ(アブラツノザメ)より遥かに美味しいです。

どちらかと言うとサメと言うよりエイみたいですが、意外という言葉が合ってしまいますが美味しいです。(部位によるかな?)

白身の淡泊な味わいは、バターなどの油脂を加えることで旨味・風味が加わり、カスザメは美味しく仕上がったのかもしれません。

サメは状態が悪いとアンモニア臭が厳しく食べられないそうです。今日は唐揚げとヒレ部分を使ってスープでも作ってみます。

カスザメ、美味しいので捨てないでくださいね。

IMG_8019 IMG_8022 IMG_8024 IMG_5825

追伸

先日のアオダイのアラで、アラ汁を妻が作って食べましたが、良い出汁出てました。

少し骨に身が付き過ぎたかな、反省。

IMG_8029

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー