トピックス

天然の稚鮎入荷してますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県内の鮎釣りも解禁より、早いモノで1ヶ月が経とうとしています。

多摩川沿いの多摩堤通りを車で走っていると、鮎釣りをしている光景を目にします。

自分で釣った魚をその場で食べたら、さぞかし美味しいんでしょうね。

そして、特種課岡社員のセリ場で養殖鮎を見ていたら、天然の鮎あるよと言われ見せてもらいました。

滋賀県大津市の㈲田村淡水より出荷された、天然の稚鮎です。

一目見て、ひとめぼれ。

色がボケていなく、とても美しい姿です。

岡社員からは、「鮎の匂いを確認してみて」と言われて嗅いでみると、うっすら「キュウリ」みたいな匂い。

そうなんです、この匂いが鮎がキュウリウオ目と言われる所以です。

そして、自然の苔を食べている天然モノは、養殖よりも香りが全然違います。(食べてる餌で全然香りが異なります。)

そうそう、岡社員から天然と養殖の簡単な見分け方を伝授してもらいました。

天然鮎は胸元やヒレに黄色がでていますが、養殖鮎は体色が均一に青ぽっい感じです。

そ顔付も天然モノは顎が発達して少し面長、養殖モノは丸顔になっているそうです。

そして見分けではないですが、究極的には食べると両者の違いがよく分かるそうです。

贅沢に天然と養殖の食べ比べ、やってみたいですね。

稚鮎は焼いたら炭になってしまうので(冗談です)、天麩羅にして食べるとイイですよ。

下準備は特に必要ありません、そのまま衣をつけて揚げるだけ。

鮎の香味、苦味、大人の味を堪能して下さい。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー