トピックス

天麩羅との相性はバッチリ、姫小鯛。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。

とってもキレイなサカナ、市場では初対面です。発泡ケースに記載されている名前を見ると、「ヒメコ」となっていました。

早速ネットで調べてみると、ヒット!

正式名称はヒメコダイと言うサカナで、漢字で書くと「姫小鯛」となります。

相模湾ではよく水揚げされ、アカボラの愛称もあるようです。

見た目そのもの、可愛らしいサカナで、同じ朱色した「オジサン」とは大違いです(笑)。

しかし、ヒメコダイは鯛の仲間ではなくスズキ目ハタ科、「あやかり鯛」の仲間です。

そして詳細調べて行くと、「エビの味がする魚、ヒメコダイ」と言う面白い記事が掲載されていました。

フライや天麩羅などの調理方法で味を確かめていましたが、結論は味はエビではないが美味しい。

直接身に熱が入ると言うより、フライや天麩羅の衣を通した火加減が、より上品な甘味を醸し出し天麩羅タネとして人気が上昇中だそうです。

ただ、サカナが小さいため下拵えに手間がかかるのが、玉にきずだそうです。

底曳き網漁で獲られるヒメコダイ、平塚市漁協の定置網にもかからないかな!?

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー