トピックス

奄美大島の養殖カンパチ。もちが良い秘密は〇〇処理!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

尾が折れているカンパチ・・・

決して「キズ物」ではございません。

・・・むしろ『自慢の一品』でございます。

魚は「左頭」で盛り付けするため、〆処理は・・・必ず裏側。

そのため、ひっくり返してみれば、一目瞭然。

見事な職人技を持つ活魚チーム。

ほぼ全商品に「手を掛ける」担当は、ここだけではないでしょうか。

活きたカンパチを、尾切りで血を抜き、神経を抜く事で身質が劣化する事を防ぐ事ができるとの事。

もちが良くなる。と言う事ですね。

ちなみにカンパチの神経はココ。

ココを長い針で押し抜くとの事・・・見事ですね。

笹川セリ人に伺ったところ、本日入荷のカンパチは、鹿児島県奄美大島で養殖されたカンパチ。

大島海峡はカンパチを育てるにはとても良い環境で、養殖にしては尾ひれが大きいのが特徴との事。

奄美産

 

平塚追駈け

過密養殖で泳がない魚・・・ではない事を想像させる、大きな尾ひれを持つ奄美産。

活締め養殖カンパチ、おススメですよ~

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー