トピックス

子供が喜ぶならば高くても・・・、生筋子。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生筋子が高い!!!!!

秋鮭漁が不漁で、副産物<主役の生筋子の入荷も当然少ない状態です。

しかし、今がトップシーズンだから目が常に欲しがっています。

先日、「清水の舞台から飛び降りる」なんて大袈裟な表現をしながら生筋子を購入しましたが・・・・・。

正直、安い買い物では決してなかったですが、思い切って買って良かったです。

北海道産・東北産の産地の差、漁法違いで値段の違いはあるものの、いずれもジリジリ値が上がっているようです。

そして買って良かった最大の理由は、筆者自身の家庭での威厳が保たれたことかもしれません。

手作りのイクラの醤油漬けを、子供たちが美味しい、美味しいと言って食べてくれることだけで最高な気分になれました。

でも、どうして子どもはイクラが好きなんでしょうか?誰しもが通る道なんでしょうか?

食べる時のプチプチとした食感が子供には楽しいでしょうね。ある会社のアイスクリームのホッピングシャワーと同じ感覚ですかね。

最近入荷の生筋子は、1玉、1玉の大きさも明らかに大きくなっています。

卵を覆う膜は薄からず厚からずで、口の中で残る感じがなくて自然に溶けてなくなります。

「美味しい」でも、コレステロール値が気になるので食べ過ぎ注意かな。

子供も食べ過ぎには注意、アレルギーや塩分の過剰摂取にも繋がるのでほどほどでお願いします。

よ~し、子供の笑顔のためにもう一度と買おうかな。

その前に、自分の財布と相談かな(苦笑)。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー