トピックス

子持ち大歓迎、ババガレイ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道日高郡三石、福島県いわきより子持ちが大人気のサカナ、ババガレイが入荷しています。

新口入荷なので魚体もキレイでピカピカ、でもトレードマークの滑りは健在です。

だいたい普通のサカナは、抱卵すると体内に蓄えられた栄養が卵に集中し、身が痩せる味が落ちるため敬遠されます。

しかし、ババガレイは子持ちが大変重宝されてます。(カレイの仲間は、この傾向が強いです。)

ババガレイは漢字で書くと「婆婆鰈」や「母母鰈」と表わし、お腹いっぱいにたくさんの子供を抱えるサカナです。

それが「子孫繁栄」「商売繁盛」を連想させ縁起が良いサカナとして、三陸では年取り魚としても人気があります。

食べても身は厚くそして柔らか。加えて子持ちなら、卵も濃厚な味わいを楽しませてくれます。

白身が淡泊なカレイは消化が良く、低カロリーなので病院食や離乳食などにも積極的に使われています。

またタウリンが多く身肉に含まれ、動脈硬化の予防や血圧の正常化、コレステロール値の低下、血糖値の上昇抑制などに効果があるそうです。

旬は、晩春から翌初夏ぐらいと言われていますが、定番料理の煮付けを食べるには、少し肌寒い時期がイイですね。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー