トピックス

季節外し過ぎかな?平塚の定置網にシイラがかかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

だいぶ魚種が変わってきました平塚市漁協の川長三晃丸の追っ駈け。

イサキの子供「ウリボウ」、春子こと「チダイ」、シマダイ・三番叟こと「イシダイ」とおちびちゃんが勢ぞろい。

そして、季節外れの夫婦が紛れ込んできました「シイラ」です。

本来「夏の訪れを告げる使者」のはずが、かなり季節外れになってしまいました。

丁度「冬の訪れを告げる使者=ソデイカ」が遭遇するなんて、季節が2つぐらいずれています。

これも海水温の上昇、地球温暖化の影響なんでしょうか?

しかしこのところ連日入荷される「ヘダイ」。

今の時期のヘダイはどうなんですか?と仲卸ムラマツの小林さんに聞いてみると、秋口から美味しくなるサカナだそうです。

かなり季節感がバラバラになっている気がしますが、着実に冬が近づいていることは間違いないですね。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー