トピックス

安乗には凄いサバがいるんです、あのりさば。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと気になる、いい色艶したサバを特種課のセリ場で発見しました。それも隣り同士に並んでいます。

三重県志摩市安乗から「あのりさば」、そして高知県須崎から少しメタボで丸々太ったサバです。

あまりにブリブリしているので特種課滝澤社員に聞いてみると、高知県須崎のサバは養殖モノだそうです。

高知県須崎市にある野見湾は、養殖漁発祥の地だそうで納得がいきました。

それに対して「あのりさば」は、高級ブランド魚として知られる「関サバ」にもひけを取らない品質として有名な魚です。

安乗漁港では、4月から12月頃迄の漁期で、特に9月が最盛期となるそうです。

「あのりさば」が特別な理由があります。

1つ目は、「ロケーション」です。

黒潮と伊勢湾に流れ込む木曽三川の水、三重の名河「宮川」の清流、そしてリアス式の地形・岩礁が良い漁場を作りあげています。

2つ目は、「居つきのサバ」です。

一般にサバは回遊する魚ですが、あのりさばは回遊せずに、志摩の近海に居つく「志摩いつきさば」とも呼ばれ特に美味しいとされています。

3つ目は、「魚の扱い方」です。

1本釣りされた「あのりさば」は、魚の鮮度を保つために船の上で入札が行われています。

どうですが「あのりさば」。まだ全国的な認知度はこれからの「隠れたブランド魚」ですが、皆で食べて応援して下さい。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 好きな魚は?と言う質問を行うと、回答の上位を占めるのはマグロ、サケ、サンマという答えに落ち着きます。
  2. 筆者とフグ太郎くんは、いつもHand To Mouth。
  3. 2度あることは3度・・・・・、ありました3度目が。
  4. やってまいりました。初夏を感じる一品。
  5. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー