トピックス

安心安全、福島県の水産物頑張れ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日もいわき仲買組合よりヤナギガレイが出荷されています。

前回2016.12.17付ブログにヤナギガレイを載せたあとに、鮮魚課佐藤社員から目の付け所がイイねとお褒めの言葉を珍しく頂きました。

しかし、付け加えて伝えて欲しい情報があったそうです。

それは福島県いわき市産のヤナギガレイは、何と5年ぶりに入荷したと言うことです。

理由は聞く必要ないですよね。

img_2918 img_2908 img_2910 img_2915

日本、世界じゅうに大きな衝撃を与えた東日本大震災がもたらした原発事故の影響で、漁の自粛、試験操業、厳格な放射性物質検査などを経て、本格的な漁が再開。

目の前のヤナギガレイが、当市場のセリ場に並ぶまでに5年もの歳月を要するとは、誰も想像することができなかったと思います。

今年のいわき仲買組合からの出荷は、今日でお終いです。

来年も数多くの福島県産の水産物が入荷し、皆様のもとへ安心安全にお届けられる橋渡しみたいな役割を、これからも当社そして市場は果たしていきます。

福島県頑張れ!

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー